【今週の労務書】『ブラック企業 VS 問題社員』

2016.08.03 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

今日的話題も盛り込む

 弊社出版部門のベストセラー「労務管理は負け裁判に学べ!」執筆陣の第3弾に当たるのが本書である。101の事例に対し、原因が使用者側、労働者側のどちらにあるか境界線を示すとともに、対応策も併記する。

 今日的な話題を多く収録するのが特徴だ。就活終われハラスメント(オワハラ)では、「内々定者に対して今後就職活動を控えるようお願いしたところ、オワハラではないかと揶揄された」との質問に対し、「内定を辞退したら損害賠償を請求する」などの発言がなければ、会社に問題がある可能性は低いと指摘する。

 SNS上でのハラスメントやマイナンバー提出拒否といった事例にも言及している。

(堀下和紀、穴井隆二、渡邉直貴、木岡昌裕著、労働新聞社刊、TEL:03-3956-3151、1800円+税)

平成28年8月1日第3075号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ