【今週の労務書】『働きやすさこそ最強の成長戦略である』

2022.07.16 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

管理職への皺寄せ改善を

 働き方改革に不可欠なのは、管理職へのサポート――人事担当者向けの手引書をめざす本書では、特定社会保険労務士である筆者が、実際に受けた労働相談を基に対応策を示している。

 働き方改革にかかわる章では、労務管理などの見直しによる皺寄せが管理職にのしかかっている点を指摘した。労働時間の削減や多様な働き方に対応した労務管理に悩む管理職を放置せず、増員や業務改善などを支援すべきとしている。

 本書ではそのほかにも、LINEから発展するハラスメント対策、「ブラック企業」にならない方法など、近年起こり得るトラブルの防止対応を取り扱う。問題発生後に慌てることがないよう、未然に防ぐアドバイスを多く盛り込んでいる。

(大槻智之著 青春出版刊 1650円税込 TEL:03-3207-1916)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

令和4年7月18日第3361号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。