【今週の労務書】『管理職になるとき これだけは知っておきたい労務管理』

2017.11.04 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

研修内容の再確認に

Amazonにリンクします

 現場でトラブルの初動対応に当たるのは、マネジャーや管理職に他ならない――。タイトルどおり新任者向けに書かれた本書は、これまで未然防止をテーマとしてきた特定社労士が、イロハのイを網羅し、一つひとつをコンパクトに説明したもの。会社全体の労務管理を預かる側にとっても、管理職研修でフォローしておくべき内容を再確認できる。

 マネジャーに期待される知識・ノウハウは、10年前といわず5年前と比べても格段に増えた。今や部下のメンタル不調やハラスメント対応にまで備えつつ、柔軟な働き方の”申請窓口”も務めなければならない。本書が描く理想のマネジャー像からは、改めて人事部門の果たすべき役割とは何か、ひいては存在意義とは何かを考えさせられる。

(佐藤広一著、アニモ出版刊、TEL:03-5206-8505、1800円+税)

平成29年11月6日第3135号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ