【安全衛生・お薦めの一冊】『元労働基準監督官からみた安全配慮義務―実務解説とケース・スタディ―』

2015.11.01 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働行政のプロが指摘

Amazonにリンクします

 本書は、安全配慮義務の理論と実務を示し、重要判例をケース・スタディで解説したもの。元請事業者や業務請負で争われた例のほか、長時間労働やパワハラなどさまざまな事例を取り上げている。

 ケース・スタディは、筆者の行政経験を踏まえた解説が特徴だ。例えば「ケース3」の電通事件は、長時間労働とうつ病発症後の自殺との因果関係を認めたものだが「使用者側は、最低限でも法令で定める基準(努力義務規定を含みます。)を遵守しなければ、安全配慮義務を尽くしたことにはなりません」「悪化の兆候がみられた場合には適切に配慮する必要があります」と元労働基準監督官の視点で指摘している。

 近年、労働関係法令を守ろうとしないブラック企業や過労死、過労自殺が増えている。安全配慮義務を問われる事案が数多く発生しており、正しい理解をするためにも、読んでおきたい一冊だ。

(栩木敬著、新日本法規出版刊、TEL:052-211-1525、A5判、384ページ、4200円+税)

平成27年11月1日第2245号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ