【今週の労務書】『駆け出し社会保険労務士さんのための実務の学校』

2015.03.02 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

先輩に学ぶ”仕事の基本”

Amazonにリンクします

 社労士8人の手になる本書は、経験者だからこそ伝えられる開業時のアドバイスをまとめている。事務所経営のイロハに始まり、給与計算や就業規則などの個別の業務について、それぞれを得意分野とするメンバーが担当。30~40歳代の気鋭の先輩から、座学では得られない生きたノウハウを学べる。

 序章と派遣事業許可申請について執筆した編著者は、自身が費やした開業資金、実際に試してみた営業手法なども明かす。そのうえで立場はベンチャー起業家と変わらないと語り、近隣の士業事務所との関係づくり、経営計画書の作成などを推奨している。開業を志す勤務社労士はもちろん、得意分野を増やしたい向きにも参考になろう。

(小岩広宣編著、安中繁、岩戸左紀、日比野大輔、深石圭介、松山純子、三浦修、下田直人著、翔泳社刊、TEL:03-5362-3800、1800円+税)

平成27年3月2日第3007号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ