【安全衛生・お薦めの一冊】『4コマまんがで安全管理と労働災害防止の基本がよくわかる本』

2011.02.15 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新人安全教育に最適

 作業員や従業員に対して災害防止のポイントを分かりやすく教育したいがいい教材はないか――こうした声に応えたのが本書だ。

 安全教育を行う場合、“教育”の2文字が頭からはなれず、どうもお堅い座学に陥ることが少なくない。とくに、新人を教育する場合にはまんがを使って災害状況を学んでもらうほうが理解度が早い。

 本書は「安全管理・労働災害防止の重要性」を始め、「人の墜落による災害」「人の挟まれによる災害」「物の落下による災害」など建設業を中心とした事例をあげつつも、あらゆる業種でも活用できる内容となっている。

 知っておいてもらわなければならない安全衛生上の法律など難しい教育の合間に、こうしたまんがによる安全教育を入れれば効果的だろう。 

 安全管理担当者や企業経営者の入門書としても使える一冊だ。

(同文舘出版刊、横山誠著、TEL:03-3294-1801、四六版、237ページ、1500 円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

平成23年2月15日第2132号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ