【安全衛生・お薦めの一冊】『みんなでチェック!危険な製造現場のイラスト事例集』

2021.04.27 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

32の想定を答え合わせ

 本書は、製造現場における危険感受性を高めことを目的とした危険事例集。現実に起こり得る危険な作業場面を想定した32事例について、イラストと一体になったチェック用シートで危険箇所と防止策を考えさせる方式で、次ページの詳細な解説を読んで答え合わせができるようになっている。

 例えば、自動化されたラインでロボットによる組み立て作業が行われており、作業者が定期巡回して確認している場面では、作業者が床に落ちた製品を取り除く際にロボットの腕に叩かれる、作業者の頭部がロボット動作部分に当たって負傷するといった危険を指摘。防止策としては、関係者以外が勝手に立ち入らないよう「囲い」には扉を設置する必要があるとした。

 各事例ページは切り取って利用することもでき、製造業に従事する作業者向けに行う安全衛生教育で、すぐに活用することが可能になっている。

(一般社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会東京支部監修、労働新聞社刊、TEL:03-5926-6888、B5判、72ページ、600円+税)。

弊社サイトで購入する

2021年5月1日第2377号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ