【安全衛生・お薦めの一冊】『職場で行う安全の基本 労働災害防止のための実践ノウハウ』

2021.03.29 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

管理監督者へ心がけ示す

 災害ゼロを続けるために管理・監督者が毎日の業務の中で心がけるべき事項をまとめた本書。整理・整頓、作業服装、資格の確認、安全衛生教育などの基本にはじまり、災害の型別に職場に隠れた危険要因を発見し、排除するためのポイントをまとめている。

 製造業に多い巻き込まれ災害では、「回転体の突起をなくす」「回転体には安全カバーをつける」「回転体に手を出すな」「玉掛け作業はノータッチで」など、災害につながる状態や行動をイラスト付きで解説。覆いや囲の設置など管理者が知っておくべき措置を法律の要旨とともに示した。

 現場の安全管理者に読まれてきたベストセラーを、近年の現場実態を踏まえて加筆修正を加えた改訂版。数多くの事業場の安全管理を支援してきた著者による説明は簡潔で分かりやすい。製造現場の管理監督者向けの教材としてうってつけの一冊だ。

(労働新聞社刊、中村昌弘著、TEL:03-5926-6888、B5判、92ページ、880円)

弊社サイトで購入する

2021年4月1日第2375号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ