『是正指導』の労働関連コラム

2018.12.12 【送検記事】
違法な時間外労働で食料品製造会社を送検 労働者4人に月100時間超 武生労基署 NEW

 福井・武生労働基準監督署は1カ月100時間を超える違法な時間外労働をさせたとして、㈱一乃松(福井県越前市)と同社の代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで福井地検に書類送検した。 同社は西京漬けや鯖寿司などの製造販売を営んでいる。代表取締役は平成29年7月26日~10月25日までの間、36協定で定める限度時間を超えて、労働……[続きを読む]

2018.11.26 【送検記事】
年1回義務付けの定期健診実施せず 製造業者を書類送検 須賀川労基署

 福島・須賀川労働基準監督署は、労働者に対して平成29年3月~30年10月にかけて、1年に1回実施しなければならない医師による健康診断を行わなかったとして、紙容器製造業のサトウ加工㈲(福島県須賀川市)と同社取締役を労働安全衛生法第66条(健康診断)違反の容疑で郡山地検須賀川支部に書類送検した。 定期監督から違反が発覚した。29年3月以降、……[続きを読む]

2018.11.20 【監督指導動向】
是正支払額が大幅増 1企業の最高額は9.4億円 賃金不払い残業監督結果 熊本労働局・29年度

 熊本労働局は、平成29年度における賃金不払い残業の是正結果を公表した。是正企業数は前年度から10社増えて265社に、是正支払い額は同10億7676万円増の14億9582万円になっている。 是正企業265社の内訳は、多いものから順に製造業59社、商業56社、保健衛生業37社となった。 是正支払い額では保健衛生業がトップで、11億721万円……[続きを読む]

2018.11.15 【送検記事】
10カ月分の賃金を1円も支払わず クリーニング店を送検 岡山労基署

 岡山労働基準監督署は労働者4人に2~10カ月分の賃金を支払わなかったとして、㈲フジタクリーニングと同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで岡山地検に書類送検した。 同社は岡山市内でクリーニング店を7店舗運営している。代表取締役は平成29年2月21日~12月20日までの間、労働者4人に計233万3263円の賃金を支……[続きを読む]

2018.10.30 【監督指導動向】
1割強の事業者で違反発覚 兵庫労働局・30年最賃重点監督結果

 兵庫労働局は平成30年1~3月に、最低賃金の履行確保を目的として488事業場に対して実施した重点監督結果を取りまとめた。13.9%に当たる68事業場で最低賃金法の違反が発覚し、是正指導を行っている。 業種別に違反率をみると、保健衛生業が54.5%とめだって高い。以下、その他21.4%、製造業15.4%、接客娯楽業11.8%、商業10.1……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ