基本給が「最賃割れ」 固定残業代の比率高く 大阪南労基署・最賃法違反で送検

2021.05.07 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

不足分補う賃金を後日"回収"して立件に

 大阪南労働基準監督署は、労働者に支払っていた賃金が最低賃金を下回っていたとして、いずれも大阪市平野区に本社を置く平野クレーン工業㈱と㈱ヒラノエルアイ、および2社の経理担当者の計2法人1人を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。最賃割れを補うものとして支払った賃金を"回収"したことが判明し、悪質性の高い事案として立件に踏み切っている。

 立件対象期間はいずれも、令和2年7~8月。建設業の平野クレーン工業は、…

【令和3年3月9日送検】

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ