『新入社員』の労働関連コラム

2022.03.28 【送検記事】
国立劇場で墜落災害 舞台の資材運ぶ足場に手すり設けず送検 中央労基署

 東京・中央労働基準監督署は、墜落防止措置を怠ったとして映画・演劇業の独立行政法人日本芸術文化振興会(東京都千代田区)と同社副部長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで東京地検に書類送検した。入社1年目の女性職員が高さ2.85メートルの足場から墜落し、重度の障害が残るケガを負っている。  災害は令和2年12月29日……[続きを読む]

2022.03.10 【ひのみやぐら】
【ひのみやぐら】「怒り」のマネジメントを

 もうすぐ新入社員の入社の季節。新入社員研修で労働災害防止の基本として教育しておきたいのが「報・連・相(ほうれんそう)」だ。読者諸兄にはいわずもがなだが、報は報告、連は連絡、相は相談を指す。点検や確認で不具合が見つかったとき、作業方法の変更があったときなど報連相を行っていなかったことで労働災害が起きてしまうことが少なくない。  報連相は労……[続きを読む]

2022.03.03 【書評】
【本棚を探索】第8回『若手育成の教科書 サイバーエージェント式 人が育つ「選抜メソッド」』曽山 哲人著/倉重 公太朗

決断や失敗の4段階経て  若手が育たない、そんな想いを抱えている経営者、人事担当者は多いだろう。さらにコロナ禍において、新人教育がより一層難しくなっているとの現実がある。そんな方々にご参照頂きたいのが本書である。  どの企業も「若手が育たない問題」で悩んでいるが、同書によれば、若手育成において一番大切なのは自信を持たせることで、「成長した……[続きを読む]

2021.09.05 【社労士プラザ】
人材定着成功へ3つの行動/川越社会保険労務士事務所 所長 川越 雄一

 多くの会社では採用後の人材定着が大きな課題となっている。筆者が社労士を30年やってきて思うのは「人材定着に不思議な成功あり、不思議な失敗なし」ということだ。つまり、たまたま成功することはあっても、たまたま失敗することはないのである。  成否を決定付けるポイントは次の3つだが、これらを愚直に実践している会社において定着の悪い会社に今まで出……[続きを読む]

2021.08.21 【書評】
【今週の労務書】『事例で学ぶOJT 先輩トレーナーが実践する効果的な育て方』

新卒の精神面サポートを  新入社員へのOJT教育のポイントをまとめた本書は、人事部門や教育担当者本人をはじめ、職場全体でそれを支える方法を解説している。業務研修、ビジネスマナー、失敗時のフォローなどを盛り込んだ。  とくに解説の重点を置いているのは精神面のサポートで、教育担当者以外に新入社員が気軽に相談ができる「第三者」の配置、毎日◯時に……[続きを読む]

2018.04.08 【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】
ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。