賃金不払い事案が最多の1191件 申告処理件数状況 北海道労働局・平成31年

2020.09.09 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道労働局は、管内17の労働基準監督署・支署が平成31年(令和元年)に対応した申告事案に関するとりまとめを公表した。申告処理件数は1640件で、前年と比較して187件減少している。

 項目別にみると、最も多いのは定期賃金や残業代、休日手当に関する「賃金不払い」で1191件を占めた。労働者が損害を与えたとして、労働者の同意なく賃金を減額していた建設業に対しては、労働基準法第24条違反の是正勧告をしている。

 業種別では、接客娯楽業305件、建設業279件、商業268件の順に多い。

あわせて読みたい

ページトップ