30~49人の事業場 ストレスチェック実施率30% 宮崎労働局・自主点検結果

2020.02.13 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 事業場規模30~49人の企業におけるストレスチェックの実施率が30%だったことが、宮崎労働局が実施した自主点検で判明した。ストレスチェックは労働者数50人以上の事業場では実施が義務付けられているが、50人未満では「努力義務」扱いになっている。

 調査は2019年3~5月、864事業場に対して点検票を郵送し、620事業場から回答を得たもの(回答率72%)。

 それによると、ストレスチェックを実施したのは186事業場(30%)にとどまった。このうち、面接指導を実施したのは151事業場(81%)、結果の集団分析をしたのは152事業場(82%)、集団分析結果を職場環境改善に活用した事業場は135事業場(73%)だった。

 事業場内のメンタルヘルス推進担当者を選任しているのは211事業場(34%)で、心の健康づくり計画を策定しているのはわずか91事業場(15%)と低調。

あわせて読みたい

ページトップ