運輸交通業の違反率が8割越え 全体では62% 宮崎労働局・令和2年監督結果

2022.01.16 【監督指導動向】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 宮崎労働局は、令和2年に実施した監督指導結果を公表した。1046事業場に対して実施し、652事業場で労働関係法令違反が発覚している。
違反率は全体で62.3%だった。業種別では、運輸交通業の84.8%が最も高く、農林業が68.5%で続いた。

 違反項目は多いものから順に、安全基準(224件)、労働時間(180件)、割増賃金(133件)となっている。

 重大・悪質な法令違反があったとして書類送検した事案は、合計10件。うち9件が労働安全衛生法違反だった。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。