【今週の労務書】『「A4一枚」賃金制度』 

2020.01.25 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

役割等級と範囲給を推奨

 中小企業を念頭に置いて書かれているのが本書。継続して運用可能なシンプルな賃金制度の導入に向けた勘所を示している。運用のカギを握る「評価者スキル向上策をどのように進めれば良いか」などがもう少し手厚く書かれていれば、より使い勝手は高かったかもしれないが、読みやすさは抜群だ。

 等級制度では、役割等級制度を推す。「人材育成につなげやすい」「現在頑張って貢献している社員を評価しやすい」「同一労働同一賃金に対応しやすい」などを理由に挙げた。「社内での職種分け」から着手して、合計5段階で作成が可能としている。

 賃金制度は、社員間の僅かな評価の差を反映でき、かつ業績によって変動できるといった根拠から範囲給を推奨。等級間は、前後の等級で上限額と下限額の差に開きがある開差型または接続型で運用すべきとした。

(榎本あつし著、アニモ出版刊、TEL:03-5206-8505、2000円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
令和2年1月27日第3242号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ