【今週の労務書】『医療機関・福祉施設のための上手な人の雇い方・給料の払い方』

2012.11.19 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

基本から応用まで指南

 本書は、医療機関・福祉施設における職員の採用から労働時間管理、給与・残業代の適正な支払い方、労務トラブルの防止法までを網羅した労務管理の指南書。労働法規の基本的なルールと実務上での応用の仕方について、図解入りで分かりやすく解説している。

 労働時間の章「1年単位の変形制はなじむか」では、実施例を示し、夜勤業務に対応するには1日の労働時間に上限のない1カ月単位の変形労働時間制が適しているとアドバイス。

 「実際に勤務シフトを組んでみましょう」では、勤務表のモデルを例示し法定労働時間をクリアするやり方を学べる。

 人材の採用・定着に悩む中小の病院・クリニックや福祉・介護施設の経営者、人事労務の担当者に一読を進めたい一冊。

(赤堀久士 著、アニモ出版 刊、TEL:03-5206-8505、2200円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

平成24年11月19日第2897号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ