【主張】AIとの「共存」は可能か

2019.02.07 【社説】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 本紙は、「人事担当者が理解すべき! AI・ディープラーニング」とのタイトルで新連載を開始した。近年のAI(アーティフィシャル・インテリジェンス=人工知能)の進歩スピードは目を見張るものがあり、社会的にも雇用・労働分野においても多大なインパクトとなっている。近い将来、様ざまな事業分野において、人間の労働がAIに代わる時代が来ることは明白である。その時、人間はAIに駆逐されるのを待つのではなく、共存の道を見出せるかがカギとなる。

 本紙新連載では、冒頭、日本ディープラーニング協会の川上登福理事が次のように指摘した。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年2月11日第3196号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ