賃金不払い事件件数が微減 大阪労働局

2016.06.14 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪労働局は、平成27年の賃金不払い事件処理件数の取りまとめを公表した。件数は1,439件で前年から126件減少。対象労働者数、不払い金額もそれに伴い、2,292人、76,483万円へと減っている。

 同労働局は、21年に2,375件にまで上昇した倒産件数が27年には1,205件となったことが、賃金不払い事件が減少した理由とみている。

 業種別にみると、商業で多発していることが分かった。発生件数は249件で全体の2割弱を占めており、前年比94件増となっている。

 重大・悪質な賃金不払いの場合には司法処分をしている、27年は合計24件を労働基準法や最低賃金法違反の容疑で書類送検とした。

あわせて読みたい

ページトップ