【今週の労務書】『月曜日の朝が待ち遠しくてワクワクする職場の話』

2017.11.18 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

離職率下げるヒント満載

Amazonにリンクします

 「人が辞めない会社」になることが中小企業等でとくに重要視されつつあるが、本書では19の成功例を挙げている。いわゆる「3K職場」で離職率ゼロを達成した企業もあり、ユニークなエピソードも多く、楽しく読める。

 著者は、結局のところ人間関係が鍵で、経営者以下社員全員が「大家族」のような会社は離職率の低下に成功していると分析する。もっともこれは経営者の資質が問われるところで、単に真似をしただけでは「干渉」にしかならないこともある。

 ただ、各事例の末尾に「振り返り」として、あらゆる企業に当てはめられる課題を抽出し、読者に問いかける項目が付いている。事例をみながら、翻って自社の現状がどうであるかを考える、良い契機を提供してくれている。

(角田識之著、あさ出版刊、TEL:03-3983-3225、1400円+税)

関連キーワード:
平成29年11月20日第3137号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ