【今週の労務書】『職場改革で実現する介護業界の人材獲得戦略』

2016.01.19 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「お節介」の実践がカギ

Amazonにリンクします

 高級アパレルブランドのトップセールスマンから介護施設の経営企画室長に転身した筆者が、人手不足の介護業界に向けて、人材が集まる職場づくりのポイントを紹介したのが本書。

 筆者は、高齢者や家族が感動するような、ケアを超えたホスピタリティーを提供できるという他業界にない魅力を発信できれば、介護職は人材が殺到する魅力的な仕事に一変すると指摘する。

 理想の介護のスタイルとして、「お節介」と「介護」から名付けた「お節介護」を提唱。利用者や家族が期待するケアではなく、期待以上のサービスを提供する「お節介護」を若者が目の当たりにすれば、介護業界を志すきっかけになると主張している。 

(馬場拓也著、幻冬舎メディアコンサルティング刊、TEL:03‐5411‐6440、1400円+税)

平成28年1月18日第3049号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ