【今週の労務書】『オンライン採用 新時代と自社にフィットした人材の求め方』

2021.03.27 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

精度の高い人材選考へ

 オンラインが対面と比べてすべて劣っているわけではない。そう解説する本書では、オンライン採用活動での留意点に対応しながら、そのメリットについても記載している。

 オンラインでは表情や視線など「非言語的手がかり」が得られにくい一方で、“なんとなく”の好印象に左右されなくなる。事前に人材要件を設定し、人数を絞った精度の高い採用活動が可能になるとした。

 採用活動のポイントに加えて、内定者のフォロー、採用チームの関係性構築などについての解説もしている。内定の承諾率向上には、面接回数の増加や会社資料・動画の公開、OG・OBのオンライン訪問など自社の情報を提供する機会を増やす必要があるとした。

(伊達洋駆著、日本能率協会マネジメントセンター刊、TEL:03-6362-4558、1800円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
令和3年4月5日第3299号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ