【今週の労務書】『本質採用 ~入社後すぐに活躍する人材を”育てる”採用成功のバイブル~』

2014.09.08 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

採りたい人物を明確化

Amazonにリンクします

 本書は2016年度から新卒採用が様変わりすることを受け、どうすれば採用が成功するのかを企業・学生・コンサルタントの3者の声を盛り込んで解説している。

 新卒採用の広報活動が現在よりも3カ月、面接など実際の選考活動が4カ月後ろ倒しになることから、母集団形成や内定者フォローが難しくなると指摘。早くから企業と学生が接点を持てるインターンシップなどが、一層重要になるとした。

 後半では本書のタイトルともなっている「本質採用」の中身を解説している。具体的に「3年後にマネジメントの立場に立てる人」などと採りたい人物像を明確にし、そこへ至るまでに必要な知識や経験を確認することを強く推奨している。

(河本英之著、㈱クロスメディア・パブリッシング刊、TEL:03-5413-3140、1480円+税)

平成26年9月8日第2984号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ