【今週の労務書】『「入社後、活躍する人」を見逃さない面接の技術』

2013.06.17 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

3つの視点で確認

Amazonにリンクします

 本書は、主に中途採用者の優秀人材を獲得したい企業の担当者向けに書かれた面接技術の手引書。書類選考の視点、面接の進め方はもとより、競合企業、転職マーケットを捉えて対応する方法や、応募者を自社のファンにする面接の進め方を紹介している。欲しい人材を獲得するには、挨拶や会社説明で熱意を示し「この会社に入社したいと思わせるくらいに応募者をファン化することが必要」と筆者。

 入社後に活躍してくれるかどうかは「スキル・能力からみる即戦力性」「価値観・志向性からみる自社適合度」「過去の事実による裏付け」の3つの視点で確認。選考基準を統一するために面接担当者トレーニングで属人性を排除することも重要としている。

(牛久保潔著、日本実業出版社刊、TEL:03-3814-5161、1500円+税)

平成25年6月17日第2925号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ