【今週の労務書】『ダイレクト・リクルーティング新しい採用の常識』

2018.03.31 【書評】

求人費が半減した例も

Amazonにリンクします

 ダイレクト・リクルーティングとは、①自社社員から友人や知人を紹介・推薦してもらう「リファラル・リクルーティング」、②データベースから能動的に人材を探す「ダイレクト・ソーシング」、③専用の求人エンジンでマーケティングを行う「ファスト・リクルーティング」――の主に3つを指す採用手法。このうち③に解説の力点を置いているのが本書の特徴だ。

 求職者が応募した直後が「最も求人に対する熱の高い状況」と指摘する。応募から5分以内に電話連絡をする、出なかった場合はSMS(ショートメール)を送るといった反応が肝要とした。

 「求人費が半減し、採用者数は3倍になった」といった8社の企業事例も収載する。

 (高山奨史、新倉竜也著、同文舘出版刊、TEL:03-3294-1801、1500円+税)

掲載 : 労働新聞 平成30年4月2日第3155号16面

あわせて読みたい

ページトップ