【今週の労務書】『どんな年上部下でも一緒に働きたくなる上司のルール』

2013.11.11 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

信頼得られる行動を

Amazonにリンクします

 本書は、大手ドラッグストアチェーンの店長経験が豊富な社会保険労務士が、年長のパートタイム労働者などを多く抱える職場の管理者向けに、人材活用の秘訣を解説したもの。

 小売業や飲食業などのチェーン店舗では、比較的若い正社員が店長に抜擢され、自分の親ほどに年が離れた「年上部下」を持つケースが珍しくない。そのため、若い店長にとっては、「自分よりも年齢も経験も上の部下をいかに動かして業績を向上させるか」が、大きな課題になる。

 その課題を解決するため、本書では、著者自身の失敗談も交えながら、「年上部下」から信頼を得るための行動の具体例のほか、年長者のやる気を引き出す「褒め方」を紹介している。

(浜村友和著、青春出版社刊、TEL:03-3207-1916、1300円+税)

ジャンル:
平成25年11月11日第2944号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ