【今週の労務書】『実践ファシリテーション技法 組織のパワーを引き出す30の智恵』

2013.07.08 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

上司と部下の関係改善に

Amazonにリンクします

 ファシリテーションとは、人と人の相互作用を高め、問題解決を支援していく”働き”を指す概念。本書は、「人を育て組織を活性化する」「組織と社会の変革を巻き起こす」具体的な方法を提案する。

 上司と部下のホンネトークを引き出す方法では「リーダーズ・インテグレーション」を紹介。上司をいったん別室に退席させた後、部下から①上司について知っていること、②知らないこと(知りたいこと)、③期待すること(やってほしいこと)などを聞き出すもので、上司が戻ったら回答や感想を披露し、約束できることは共有するという。

 上手く進めば「そんなことなら言ってくれればいいのに」などの意思疎通が図られ、関係性が近づくとした。

(堀公俊著、経団連出版刊、TEL:03-6741-0043、1200円+税)

平成25年7月8日第2928号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ