【今週の労務書】『職場コミュニケーション熟達の極意――聞き上手、話し上手の対話術30』

2014.04.28 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

聞き・話し上手の勧め

Amazonにリンクします

 周囲に好影響をもたらす”聞き上手、話し上手”になるための知識を教える本書は、リーダーにとどまらず組織で働くすべてのメンバーを射程に入れ、自分が変われば周囲も変わると訴える。30に及ぶテーマはいずれも5ページ前後と短く、基本、スキルアップ、実践編という3部構成により、順序立てて”熟達の極意”を説いていく。

 人間関係の苦情が持ち込まれがちな人事部門にも、今時ありがちな場面を設定したうえでの解説が参考になろう。例えば、「このままでは一部の人間がサービス残業をする羽目になります」と全社一律の残業規制に異を唱える係長に対し、上司である課長はどう応じるべきか……。打合せ・会議運営の効率化、目標管理のマンネリ打破などに活用できるヒントが詰まっている。

(阿部久美子著、経団連出版刊、TEL:03-6741-0043、1200円+税)

平成26年4月28日第2966号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ