【今週の労務書】『社員がよろこぶ会社のルール・規定集101』

2014.02.17 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

就業規則を独創的に

Amazonにリンクします

 就業規則は会社と社員を規律するが、社員の心まで会社につなぎとめられるとは限らない。本書は、社員のモラール向上が期待できる諸規程を提案する。

 トラブルを未然に防ぐ色合いの強い従来型の規則にとどまらず、「社員が楽しく働けて、帰属意識が強まる」組織風土の醸成に資する規程案が満載。社員同士の会話を増やす効果を狙った「挨拶規定」や「席替えルール」、ボランティアなど社外での活動を評価する「二つめの顔ルール」、ストレス軽減に有効とされる「ペット同伴出社のルール」、会社の理念に沿った服装を社員が考案する「ファッションリーダー規定」など、思わず笑ってしまうようなユニークなものも。

 考えひとつで就業規則も随分クリエイティブになると認識させられる一冊である。

(㈲人事・労務著、かんき出版刊、TEL:03-3262-8011、2500円+税)

ジャンル:
平成26年2月17日第2957号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ