【今週の労務書】『労務トラブル 予防・解決に活かす“菅野「労働法」”【3訂版】』

2021.01.16 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事例挙げて対策示す

 本書は、菅野和夫東京大学名誉教授の著書「労働法(第12版)」(弘文堂、2019年11月)をもとに、労働者の採用から退職までの労務管理の場で直面するトラブル事例とその予防・解決策を分かりやすく解説したもの。複数の社会保険労務士が執筆し、弁護士が監修した。

 取り上げているテーマは、労働契約・就業規則、職場のハラスメント、賃金、労働時間、配転・出向・人事、企業秩序と懲戒、解雇および労働関係の終了、有期雇用労働者やパートタイム労働者といった多様な労働関係など。テーマごとに企業でのトラブル事例を挙げたうえで、事例における問題点を指摘。さらに、「労働法」から関連箇所を引用しつつ、実務上の留意点を示している。

(高倉光俊監修、労使関係実務研究会著、日本法令刊、TEL:03-6858-6967、3200円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

令和3年1月18日第3289号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ