【今週の労務書】『労務トラブル予防・解決に活かす”菅野「労働法」” 』

2013.05.20 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「権威の書」の入門編に

Amazonにリンクします

 年々増え続ける個別労働紛争。その予防が目的である点は本書も同じだが、巷に溢れる類書との決定的な違いは、他の出版社の書籍をベースに労働法の解説を行っていること。

 書籍はズバリ、人事労務担当者のバイブル菅野和夫著「労働法」(弘文堂)で、労働トラブルの未然防止策を模索してきた社労士らが、同書を座右に置いて学習した成果をケーススタディーのかたちにまとめ直したもの。収載したすべてのトラブル事例を、「~『労働法』によれば~」と解き進めていく内容だ。

 極めて珍しい作りだが、菅野氏の「労働法」が揺るぎない権威の書であることの証左であり、本編活用前の入門編にすると良い。

(高倉光俊監修、労使関係実務研究会著、日本法令刊、TEL:03-3249-7182、本体2500円+税)

平成25年5月20日第2921号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ