【今週の労務書】『アルバイト・パート[採用・育成]入門――「人手不足」を解消し、最高の職場をつくる』

2017.02.04 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

褒めて「成長実感」与えよ

Amazonにリンクします

 人手不足の時代に、優秀なアルバイト・パートを効率よく採用し、職場に定着させて一人前の人材に育てるにはどうしたら良いかを説く本書は、非正規労働者が主戦力となっている小売業や飲食業、サービス業の人事担当者にとって必読の一冊である。

 現場で最もすべきこととして、離職をできるだけ防ぐ「出口対策」を挙げた。手段は、新人と中堅・ベテランのキャリア別で異なると指摘する。

 中堅・ベテランが離職する理由に、①時給の上がり方、②ベテランとの確執などの人間関係、③成長実感が得られない――の3つの不満があるとした。とくに、③の解消が重要とし、適切に褒め、真摯にコミュニケーションを取ることがポイントとしている。

(中原淳、パーソルグループ著、ダイヤモンド社刊、TEL:03-5778-7240、2200円+税)

平成29年1月30日第3098号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ