【安全衛生・お薦めの一冊】『ハード×ソフト×マネジメント ほめる文化がヒューマンエラーを減らす! 』

2014.06.01 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

負けない組織をつくる

中災防サイトにリンクします

 安全対策の最大の敵といえるヒューマンエラー。ゼロにすることよりも、大きな事故につながらないように「負けない組織」をつくるというのが本書の考え方だ。「ほめる文化」を育てることで、負けない組織とすることができると指摘する。

 具体例として米海軍の空母で行っているマネジメント方法をあげて解説。空母内は工具一つなくしても、エンジンに吸い込まれると大爆発を起こす危険な職場だ。そのため、報告を奨励。自分のミスを報告した作業員は表彰を行っているという。また、米国の工場での実験結果から安全規則を順守するのは、仲間内の雰囲気と他人の目の存在であると示している。

 ヒューマンエラーを生きた知識として身に付けるために「力試し実例問題集」を掲載。人間の「思い込み」を利用したクイズなど職場の皆で取り組める例題が紹介されている。

(中央労働災害防止協会刊、中田亨著、TEL:03-3452-6401、B6判、239ページ、1500円+税)

平成26年6月1日第2211号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ