全国初 女性活躍推進の企業評価で常陽銀行が「ランクアップ」 茨城労働局

2016.12.21 【監督指導動向】

 茨城労働局は、女性活躍推進法に基づく認定(えるぼし)において、㈱常陽銀行を最高ランクである第3段階に認定した。このほど、認定書の授与式を行っている=写真

同銀行は平成28年4月の時点で第2段階の認定を受けている。ランクアップとなる企業は、全国で初めて。

 具体的には、5つの評価項目のうち、採用、労働時間、多様なキャリアコースの3つを満たしたことで、第2段階の認定を受けていた。今回新たに、男女別の平均勤続年数で女性が著しく低くないかなどをみる「継続就業」と、管理職に占める女性の割合をみる「管理職比率」の2項目で基準をクリアしている。

 同労働局管内では2811月末現在、同社のほかにスーパーマーケット業の㈱カスミ、石油製品販売業の関彰商事㈱の2社が「えるぼし認定」を受けている。

あわせて読みたい

ページトップ