育児支援や女性活躍 認定制度の好事例をまとめる 岩手労働局

2021.04.28 【監督指導動向】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 岩手労働局は、令和元年度に「えるぼし」や「くるみん」「ユースエール」の各種認定を受けた企業の取組みをまとめた「好事例集」を作成した。育児と仕事の両立や女性活躍に関する企業事例を紹介している。

 たとえば花巻市の製造業者では、男性の育児休業取得に向けて、係長以上の管理職を対象に研修を実施。男性の育休取得希望者に対しては、制度の周知に関する講習会を行った。結果として、男性3人が、それぞれ1~2カ月の育休を取得している。

 女性活躍については、非正規から正社員へ5人を転換したり、積極的に就職相談会などに参加して採用を進めてきた遠野市の老人介護福祉業者のケースを紹介。育休取得者が複数人発生することを想定し、介護施設として設けられている基準を上回る人員配置も行っているという。

あわせて読みたい

ページトップ