外国人労働者数が17%増加 10.5万人に 大阪労働局・令和元年10月末時点の集計

2020.02.23 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪労働局は、令和元年10月末時点の外国人雇用状況の届出を取りまとめた。外国人労働者数は10万5379人で、前年同期と比べて17%増加している。

 外国人労働者を雇用する事業所数は1万7654で16.6%増加した。

 労働者を国籍別にみると、最多はベトナムで3万7093人だった。全体の35.2%を占めている。以下、中国(香港含む)2万9995人、韓国6252人と続く。

 在留資格別では「資格外活動」が3万1220人、「専門的・技術分野の在留資格」が2万5816人だった。

あわせて読みたい

ページトップ