令和3年卒 大卒の平均初任給は22.2万円 前年比0.9%アップ 大阪労働局・集計

2021.08.10 【監督指導動向】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪労働局が集計した、令和3年3月卒業者の初任給調査によると、大学卒人材の平均初任給(通勤手当などを含む)は22.2万円だった。規模別では、500~999人が最も高く、22.6万円となっている。

 調査は、「雇用保険被保険者資格取得届」から集計したもの。金額は、毎月きまって支給する通勤手当などの各種手当を含むため注意が要る。前年比に関しては、編集局で試算した。

 その他の区分をみると、30~99人が22.0万円、100~299人が22.4万円、300~499人が22.2万円、1000人以上が22.3万円などとなり、4人以下は20.9万円、5~29人は21.6万円だった。前年調査結果と比較すると、多くの区分で伸びている。1000人以上で…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。