【今週の労務書】『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』

2012.12.10 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

待遇の差を明確に

 「労務の提供」という義務を果たさず権利ばかり主張し、まじめに働く周囲の社員にも迷惑をかける「非常識社員」にどう対応すべきか?――本書はそんな経営者の要望に真正面から応える格好の手引きである。

 とくに読者の目を引くのは第5章の「非常識社員と戦わずして勝つ方法」だろう。ポイントは、ルールの整備と実際にそのルールに基づき評価・指導・処分を行うことにある。

 外国旅行で突然長期休暇を申請したり、残業や休日出勤を拒否する店舗勤務社員への対処法では、残業可能で店長をめざす特進社員と私生活重視の給与水準低め・昇格なしのフレックス社員の二通りの勤務形態の導入を推奨。待遇の差を明確にすることで、残業ができる社員の不満も取り除けるとした。

(井寄奈美 著、中経出版 刊、TEL:03-3262-0371、1500円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
平成24年12月10日第2900号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ