【今週の労務書】『社長、ちょっと待って!! それは労使トラブルになりますよ!』

2012.02.06 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

紛争10事例で対応学ぶ

 本書は、労働基準監督署の調査や合同労組からの団交要求など突発的に発生する労働トラブルの事例から初期対応、労務管理の改善方法を指南したもの。

 固定残業手当制度を導入したが残業代未払いで是正勧告を受けた小売業や、女子社員から「昼当番」分の給与を求められた卸売業など10事例を取り上げている。著者が実際に担当した事件をベースにしているため、個別労働紛争の実際を知るうえでも大いに参考になる。

 年俸制を標榜する会社が社員から未払賃金のあっせん申請をされ、60万円を支払ったケースについて、著者は「残業手当を当然含んでいる」と考えていた会社のスタンスを問題視。年俸制で決定するのは賃金の固定支給部分のみと注意を促した。

(榎本恵一、谷原誠、吉田幸司、渡辺峰男 著、万来舎 刊、TEL:03-5212-4455、1600円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
平成24年2月6日第2859号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ