【今週の労務書】『選択制 がん罹患社員用就業規則標準フォーマット』

2019.06.08 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

180日超の休職期間を

 2人に1人ががんに罹患する時代といわれている。働く世代の発症例は珍しくなく、人事担当者は社内で罹患者が出たケースに備えたい。とはいえ、「何からどのように手を付けたら良いのか…」と悩むケースは、企業規模を問わず多いと聞く。

 2年前、弊紙で「がんと就労 両立支援の具体策」を執筆した著者が弊社から刊行したのが本書だ。例示された就業規則例の根拠には、筆者の研究結果があり心強い。

 たとえば休職期間は、労働者の勤続年数が3年未満で180日、3年以上で365日に設定する規定例を示す。病休開始日からの累積復職率が、病休後180日後であれば50%弱に達するからだ。

 復職判定や健康情報の取扱いなど、関連情報も網羅的に取得できる。

(遠藤源樹編著、労働新聞社刊、TEL:03-3956-3151、1500円+税)

 弊社サイトで購入する

令和元年6月10日第3212号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ