【今週の労務書】『続・企業内研修にすぐ使えるケーススタディ 自分で考え、行動する力が身につく』

2018.11.24 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

最近の17テーマ収載

 研修の企画担当者向けの本書は、ケーススタディのネタとして17の事例を収めている。現役で活躍するコンサルタント10人が共同で執筆しており、最近の職場事情に即した”共感できるテーマ”が並ぶ。「定年後に向けたキャリアデザイン」や「クレーム対応の原則構築」などは、単純に読み物としても興味深い。

 一つひとつの事例については、討議に当たって投げかけるべき設問、参加を通して最低限気付いてもらいたい内容を示す。自社の研修にマンネリを感じている担当者だけでなく、初めてケーススタディを採り入たい場合も活用できる。これならば専門家の力を借りなくとも――と思わせる内容になっている。

 (日本能率協会コンサルティング編著、経団連出版刊、TEL:03-6741-0043、2000円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

平成30年11月26日第3186号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ