【主張】なし崩し的“移民”を懸念

2018.11.01 【社説】

 政府は、外国人労働者の受入れ拡大を一気に進めようとしている。当初、一定の技能を有する外国人労働者を、人手不足の厳しい5業種に限り5年を限度に受け入れる新たな在留資格を創設するとしていたが、対象を14業種程度に拡大する方向としている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年11月5日第3183号2面

あわせて読みたい

ページトップ