【今週の労務書】『精神障害者雇用のABC』

2018.06.16 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

企業内担当者の声も

 法改正を受けて精神障害者雇用の拡大が期待されるなか、本書ではこれから取り組もうとする企業を対象に、様ざまな角度から情報提供を行っている。現に精神障害者を雇用する企業の担当者も執筆しており、実体験を踏まえたアドバイスが興味深い。特に10年以上前から障害者雇用を続けるスーパーマーケット業のフレスタグループが、自社の採用面接で聞く内容、合理的配慮に対するスタンスなどにつき、人事総務グループ長が自ら語っている。

 一通りの知識は得られるつくりで、200ページ強の厚さに各疾患の説明、採用・面接の仕方、支援機関の活用方法等を盛り込む。実事例として支援者側によるレポートも複数紹介しており、実施前に想定すべき問題やトラブルもうかがい知れる。

 (山口創生編者、星和書店刊、TEL:03-3329-0031、2300円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

平成30年6月18日第3165号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ