【ひのみやぐら】荷役作業では保護帽を

2017.11.09 【社説】

 以前、ある事業場で行った危険体感訓練を取材した。教育メニューには、墜落の衝撃を体感するものがあり、2年経った今でもはっきりとした記憶が残っている。講師は「人の頭はカボチャと同じくらいの硬さ」と言い、事務所2階から落とした。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成29年11月15日 第2294号

あわせて読みたい

ページトップ