【今週の労務書】『すぐに使える! 事例でわかる! 外国人雇用実戦ガイド』

2015.07.06 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

多様な専門分野を網羅

Amazonにリンクします

 入管法をはじめ種々雑多な法令の規制を受ける外国人の雇用について、行政書士・社労士・税理士らがそれぞれの専門的立場から対処のノウハウを詳細に解説しているのが本書である。

 複雑なうえ事業規模によっても細かく異なる在留資格関連の申請手続きをはじめ、給与への課税や転職時等の雇用保険適用上の留意点、さらには採用者の定着を促す組織風土作りなどについても、豊富な事例を交えて丁寧な記述がなされている。また、オリンピックを見込んだ建設就労者受入れの時限措置や、技能実習生をめぐる諸問題にも言及している。

 300ページを超えるボリュームだが、実務の手引きとして担当者が手元に置いておく価値のある一冊である。

(佐野誠・宮川真史・野口勝哉・西澤毅共著、レクシスネクシス・ジャパン刊、TEL:03-5561-3551、3600円+税)

平成27年7月6日第3023号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ