【今週の労務書】『セクハラ・パワハラ読本 職場のハラスメントを防ぐ』

2015.05.04 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

事例から”回答”学ぶ

Amazonにリンクします

 互いの違いを正面から認め、ギャップを埋めるコミュニケーションを十分に採る――本書が薦めるエッセンスであり、ハラスメントが生じやすい時代背景を論じた前半と、関連する数々の判例を紹介した後半とでなる。予防の基準や目安は示し難いが、何をすればセクハラ・パワハラになるという回答は示せる(前半)とした部分に本書の性格が端的に表れている。

 相手次第でセクハラになり、指導との境界が曖昧な点が問題解決を困難にしており、受け手の感性如何では自殺のような悲惨な結末も招きかねず、企業は対応を急ぎたい。

 「では何をすれば?」と悩むのも無理はないが、本書に収めた膨大な判例を他山の石とすることは可能だ。

(君嶋護男、北浦正行共著、日本生産性本部生産性労働情報センター刊、TEL:03-3409-2508、1500円+税)

平成27年5月4日第3015号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ