賃金不払いでタクシー業者送検 就業規則も見せず 神戸東労基署

2017.08.21 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 兵庫・神戸東労働基準監督署は、労働者4人に対して賃金を支払わなかったとして、灘タクシー㈱(兵庫県神戸市灘区)と同社元代表取締役を労働基準法第24条(賃金の支払い)違反の疑いで神戸地検に書類送検した。

 同社は平成2712月~28年1月、労働者4人に対して定期賃金合計1048865円を支払わなかった疑い。28年6月に破産手続きを開始するなど経営状態が悪く、定期賃金不払いの実態は労働者93人に対して計1578万円に及ぶ。

 また、同社は「賃金の計算方法などについて記された就業規則を見せてほしい」という労働者からの要求に応じなかったとして同法第106条(法令等の周知義務)違反の疑いでも処分されている。

【平成29年7月11日送検】

あわせて読みたい

ページトップ