【今週の労務書】『女性活躍推進』

2014.03.17 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

組織風土改革の参考に

Amazonにリンクします

 本書は、ダイバーシティコンサルタントの筆者が、女性活躍推進に取り組む先進12企業の経営トップや推進担当者のインタビューをもとに試行錯誤と変革の歩みをまとめたもの。様ざまな事例が網羅されており、すべての人事担当者にとって参考になる。

 「会社を良くするための投資」とトップが強いリーダーシップを発揮したカルビー、4人の女性執行委員を配置し労働組合主導で進めたデサント労組の取組みのほか、パナソニックエイジフリーショップスの『育児・介護メンター制度』など自社で活用したいきめ細かい工夫も多い。

 最も重要なのは組織風土の改革であり、成功に導くカギとして筆者は、経営トップとダイバーシティ推進を担う現場リーダーがタッグを組むことと指摘している。

(植田寿乃監修、経営書院刊、TEL:03-3237-1601、1600円+税)

平成26年3月17日第2961号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ