【今週の労務書】『一瞬で心をつかむ 女性部下マネジメント』

2017.09.02 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

涙はしゃっくりと同じ?

Amazonにリンクします

 女性部下のマネジメントで悩む男性上司は少なくない。本書はそんな男性上司に向けた一冊。とくに、女性部下とのコミュニケーションに重きを置いて書かれている。

 コミュニケーションがうまくいかない最大の原因は男性上司が「女性が共感を求めていること」を理解していない点にある。相談を受けた時に、問題点や解決策を考えることに終始し、女性の感情に共感を示さないと、「分かってくれない」と思われてしまう。

 最も印象的だったのは「女性の涙はしゃっくりのようなもの」という記述だ。女性部下を叱って泣かせてしまった経験のある人もいるはず。しかし、慌てる必要はない。泣き止み、落ち着くのを待ってから話を続けることがポイントなのだそうだ。

(西村直哉、清家三佳子著、幻冬舎MC刊、TEL:03-5411-6440、1400円+税)

ジャンル:
平成29年9月4日第3127号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ