労働関連コラム

2016.08.31【社労士プラザ】
心身の健康をサポート/佳子社労士事務所 代表 宮沢 佳子

 当事務所は通常の社労士業務に加え、職場の健康対策にも力を入れている。そのきっかけが、5年前に参加した産業保健スタッフ向けの勉強会である。 勉強会は熱中症がテーマであり、東日本大震災の影響で節電意識が非常に高まっていた時だった。講義で印象的だったのが「仕事をする温度と生活するのに適切な温度は異なる」「室温が28度でも湿度や輻射熱等の関係で……[続きを読む]

佳子社労士事務所 代表
宮沢 佳子 氏
2016.08.31【書評】
【今週の労務書】『人事評価で業績を上げる! 「A4一枚評価制度」』

経営方針に沿う行動促す 時々刻々と経済情勢が変化するなか、旧来の人事評価制度を漫然と運用することに警鐘を鳴らすのが本書。評価の公平性は切り捨てるべきなどと歯切れが良すぎるきらいはあるが、人事評価の目的を業績向上に絞り、制度を社員の行動を促すツールと捉える視点は徹底している。 評価項目を業績向上につながる行動に限定し、経営方針に即した働き方……[続きを読む]

Amazonにリンクします
2016.08.31【送検記事】
クレーン特別教育未実施で製缶業者送検 彦根労基署

 滋賀・彦根労働基準監督署は、労働者にクレーン作業を行わせる際に特別教育を行わなかったとして、轡製缶㈱(滋賀県長浜市)と同社専務取締役を労働安全衛生法第59条(安全衛生教育)違反の容疑で大津地検に書類送検した。平成28年4月、同社で1次下請として働いていた労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災者は、同社工場内でクレーンで吊り上げら……[続きを読む]

2016.08.29【書評】
【今週の労務書】『女性活躍「不可能」社会ニッポン 原点は「丸子警報器主婦パート事件」にあった!』

"主婦パート"こそ問題 "女性活躍"とかまびすしい昨今、問題の焦点から目をそらすべきではないとして編まれたのが本書。非正規労働という働き方(働かせ方) がそうであり、なかでも絶対多数の「主婦パート」を理解して初めて課題解消に近付けると著者は説く。女性管理職比率の向上というトリックに惑わされるべきではないと手厳しいが、一読を勧めたい内容だ。……[続きを読む]

2016.08.29【送検記事】
脚立から転落死 安全対策講じなかった空調工事業者送検 いわき労基署

 福島・いわき労働基準監督署は、墜落による危険の防止措置を講じていなかったとして、空調工事業の㈱いわきエアーシステム(福島県いわき市)と同社職長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福島地検いわき支部に書類送検した。平成28年3月、同社労働者が脚立から地上へ2.5メートル墜落して死亡する労働災害が発生している。 被……[続きを読む]

脚立 1

年月アーカイブ

ページトップ