他の現場でもハーネス型安全帯を 大阪労働局が安全パト

2016.08.16 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪労働局は(仮称)大阪重粒子線がん治療施設新築工事で、安全管理を見回るパトロールを実施した。中沖剛局長(当時)ら労働局幹部が、建設業で減らない墜落・転落災害対策を重点に確認している。

 パトロール後の講評で安冨彰安全課長は、「命綱はハーネス型を使ってもらいたい。この現場ではそれを使っているので、他の現場にも展開してほしい」とコメントした。

 同労働局は近年、「命綱GO(いのちつなごう)活動」と称し、墜落時の衝撃を緩和するハーネス型安全帯の使用を促すことなどを内容とする、墜落・転落災害への取組みを推進している。

あわせて読みたい

ページトップ